« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

ありがとうございました!

夏の終わりの“Harmony”、

今夜もとっても素敵な夜を、

ありがとうございました。

これぞ、北海道の秋。

といった風情の風が吹く札幌で、

少しセンチメンタルな気分になりながら、

でも、

またここに来られたな。

今日も会えるんだな。

と、やっぱりすごく幸せに、

この日を、迎えさせてもらいました。

夜、アンケートを見ながら、

どんなことを感じながら見てくれたかしら。

と、

聴いている顔を思い出しながら、

想像します。

2ヶ月に一回のライブなので、

そのとき、そのときの、

季節感を共に味わえるような

時間にできれば嬉しいな。

と思っているのですが、

今夜も、

この夏、最後のスイカを一緒に味わうような、

今年、初めてのサンマを味わって、

おいしいね。

って微笑むような、

そういう時間になれていたなら、

いいな。と思います。

本当に、

ありがとうございました!

そして、

ライブに来ていただいた方には、

お知らせしましたが、

今年11月に、

少し広めの会場で、

ワンマンライブを行うことが決まりましたので、

お知らせいたします。

場所は、

札幌市時計台ホールです!

音楽処での“Harmony”を、

会場を時計台ホールに変えて、

お届けするライブ。

ぜひ、たくさんの方たちにきていただければ、

嬉しいです。

     流AcousticLive2007 “Harmony×harmony”

         日時:2007年11月22日(木)

                open 18:30   /  start 19:00

        場所:札幌市時計台ホール

        (札幌市中央区北1条西2丁目)

        料金:前売 ¥2800 ペアチケット¥5000

            当日 ¥3000 ペアチケット¥5800

チケット販売:music shop音楽処 

        (中央区南3条西2丁目 狸小路2丁目)

        tel.011-221-0106 http://www.ondoko.jp

チケット予約&問:流ライブ事務局 

           nagarelive.2007@hotmail.co.jp

11月22日は、

『いい夫婦の日』なので、

今回、ペアチケットをご用意しました。

友だち同士、

恋人同士、

親子で、

もちろんご夫婦で、

いろんなスタイルの、

カップルで来ていただけたら、

とても嬉しいです。

もちろん、

おひとりも、

大歓迎です。

木造りの、

本当に素敵な雰囲気の時計台ホールで、

あたたかな夜を、

一緒にすごしましょう。

お待ちしています。

チケットは、

今日から、

music shop音楽処と、

流ライブ事務局にて、

販売開始します。

どうぞよろしくお願いします。

“Harmony”だけでも、

楽しみなのに、

時計台ホールのことを想うと、

くらっとするくらい、

嬉しくなります。

北海道で、

お待ちしていますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

この夏を、語らおう。

あと一週間で、

また北海道です!

テンションあがります。

北海道も、

暑いようなので、

避暑とか、

秋の風先取り!

という感じでもないのかしら。

でも、

いずれにせよ、

とーっても楽しみです。

“Harmony”vol.4は、

夏の出来事を語らうような、

明日からの9月に、

想いをはせるような、

そんなキュンとするライブにしたいです。

来てくれるあなたは、

日焼けしているのかな。

私は、

どこにも行っていないのに、

夏休みあけの小学生くらい、

焼けているかも。

会えるのを、

楽しみに、

一日一日を送ります。

この夏のこと、

包みこめるようなハーモニーを、

一緒に奏でましょう。

お待ちしています。

流AcousticLive2007“Harmony”vol.4

   日時:2007年8月31日(金)

       open 20:15 / start 20:20

   場所:music shop 音楽処 (札幌 狸小路2丁目)

       http://www.ondoko.jp

   料金:¥1500 (1drink付、前売・当日共)

   チケット販売:music shop 音楽処 tel.011-221-0106

       チケット予約&問:流ライブ事務局 nagarelive.2007@hotmail.co.jp

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

猛夏でも快眠。

8月に入ってから、

東京は35℃を超える猛暑日が、

ほとんどでした。

「暑いですね。」

を聞かない日はないくらいでしたね。

そんな激しい夏なのに、

私は、

5年以上前から、

冷房を使わない生活を続けていて、

もちろん、

この夏も、

一切使っていません。

省エネを心がけて始めたわけでもなかったのですが、

冷房で、体調がおかしくなるのがイヤで、

そうするうちに、

体が慣れてくれたようです。

特に苦痛を感じることもなく、

風通しをよくして、

うちわと、たまに氷まくらで、

快適な睡眠。

たくましく生んでくれて、ありがとう。

と、改めて想う、2007夏。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

ウィッキーさんの昔から。

朝は、

何チャンネルを見る派ですか。

私は、

ウィッキーさんが出演していた昔から、

日テレ、

『ズームイン!!SUPER』派です。

難しいニュースや、

社会情勢を、

わかりやすく教えてくれて、

ありがたいというのも、

大きな理由だけれど、

朝から笑わせてくれる場面が、

めちゃめちゃたくさんあって、

大好きなんです。

全国各地の、

驚きの達人を紹介するコーナーも、

最高です。

そのコーナーでは例えば、

“信じられない高さからカフェオレを注ぐ達人”や、

“どんなグラスにも、ぴったりに

 お酒をつくる達人バーテンダー”

“手を使わずにハーモニカを吹く達人”

“一升瓶の上に乗って、草笛を吹くおじいさん”

などなど、

おぉ。

と思えるものから、

それって、達人ですか?

というものまで、

朝から見せて、

笑わせてくれます。

起きて、

数分もしないうちに声をあげて笑っている。

って、

とってもいいですよね。

ズームのおかげです。

なので、今朝も、

いつも通り、

起きて日テレをつけたのですが、

羽鳥さんが、

夏休みに入ったらしく、

出演していませんでした。

なんだか、とってもさびしい。

羽鳥さんの、

中継先への問いかけや、

心遣いある一言が、

すごく好きなんです。

長沢まさみさんが好きで、

何かで映像が出る度に、

“かわいい”を連発するところも。

また言ってる。

と思いつつ、

笑ってしまいます。

早く帰ってこないかな。

通常営業に戻る、

来週月曜のズームイン!!を、

楽しみにしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

初!花火。

花火大会が毎日どこかで

開催されている今日この頃ですが、

観に行かれましたか。

街には、

ゆかた姿の女のコもたくさんで、

露店も並んで、

商店街の店先で焼き鳥を焼いていたりもして、

いいですよね。

でも、

私は、家の近くの花火大会を、

一度も見に行ったことがありません。

あまりにも混むから。

が、

今日、発見しました。

家の窓からは、

花火は見えないのですが、

家の玄関から、ばっちり見えることを。

すごく大きな音が、

ドーン!と聞こえたから、

玄関扉を開けると、

特等席かも。

というくらい、

キレイに、花火が広がっていました。

早速、新聞紙を敷いて、

愛用椅子を置いて。

焼きそばを作って、

缶ビール片手に、

花火!!!

とっても、きれいで、

最高でした。

まわりの家も、

電気を消して、

同じ花火を観ているようで、

たびたび歓声が上がっていました。

いつもよりも少し涼しい風も吹いて、

いい雰囲気。

花火を見ると、

夏が終わるんだなぁ。と、

感じます。

地元では、

大きな花火大会が終わる頃にはもう、

秋の風が吹き始めていたから。

今年は、どんな夏をすごしてますか。

私は、

胸をしめつけるような嬉しい出来事や、

出会いの中で、

おいしいごはんを食べて、

いっぱい汗も流して、

運動もして、

早寝早起きを心がけて、

どこまで、健康やねん!

という風情で、

この季節を生きています。

東京の夏は、

まだまだ続きます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

まめ。

家の近くにある

バッティングセンターに行って、

たまにバッティング練習をします。

何のために?

と、聞かれたりしますが。

なぜでしょう。

好きなんです!

自分でも、

最近まで気づかなかったのですが、

私は、

野球が、

とても好きです。

プロ野球とか、

草野球とか、

松井秀喜選手とか、

関係なく、

野球そのものに、

感動をもらえるように

この心は、

構造されているようで、

それもやっぱり、

ちいさい頃の記憶が、

そうさせているみたいです。

ひとつ上の兄が、

小学校のときに、

野球少年団に入っていて、

(チーム名は“下音更(しもおとふけ)ガッツ”!)

毎回毎回、

試合は、練習試合であっても観に行っていたのですが。

そのときの数々のドラマが、

焼きついていて、

涙や感動を誘うのだと思います。

兄は、

サードを守っていて、

私は、

多分兄と同じくらい緊張して、

見守っているのですが、

そんな中、

三塁側で応援している私たちの方向に

飛んできたファウルフライを、

フェンスの先まで手を伸ばして、

キャッチし、アウトにした兄ちゃんを見て、

泣きそうなくらい感動したり、

その兄に、

みんなが惜しみない拍手を送っている光景が、

またすっごく感動的で。

土まみれで、

みんな大きな声を出しながら、

励ましあっている姿も、

誰かがバッターボックスに入ったときの

応援ソングも、

いまだに覚えています。

いいよな。

いいよなぁ。

あの感じ。

生まれ変わったら、

野球選手になりたい。

今日、

バッティングセンターに誘ってくれた仲間は、

ごく最近出会えたのですが、

相当、骨太な野球小僧で、

今度はキャッチボールをしよう!

と盛り上がっています。

もうすぐ暑さもやわらぐだろうし、

ちょうどいいね。楽しみ。

帰って見たら、

左手の小指の下に、

まめができていました。

わぁ。

この、手が腫れたような、

熱を持っているような感覚、

懐かしーい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

背番号 18。

桑田真澄投手が、

戦力外通告を受けたと、

新聞に載っていました。

巨人戦ばかりが中継されていた、

北海道の実家で、

中学生のころから見ていた桑田さんは、

とっても好きな選手です。

新聞には、

夏休みで、

試合を見に来ていた中学生の息子たちに、

自分がメジャーのマウンドに

立っている姿を、

最後に見せることができてよかったと、

桑田さんの言葉が

書いてありました。

そのマウンドでは、

5失点したのですが、

中学生の息子さんたちが、

泣きながら

「お父さん、がんばったね」

と出迎えてくれたと。

桑田さんは、

そのとき、

「うん、がんばったよ。

 3つアウトをとって、マウンドを降りてきたから。

 ピッチャーだから、

 打たれることもある。

 でも、大事なのは、

 そうなっても、

 ガックリきたり、

 ふて腐れたりしないで、

 最後まで投げきることなんだ」

と伝えた。

と書いてありました。

すごく素敵です。

とてもシンプルだけど、

とても難しいこと。

それを大切にしていて、

大切な子どもたちにも

しっかり見せて、

言葉でも伝えていること。

野球にも、

人に対しても、

同じようにまっすぐに向き合っているんだなと

感じて、

そこもすごく好きになりました。

今年、

マイナーリーグからのスタートを決めたこと。

アメリカに発つときの空港で、

奥さんを抱きしめていた姿。

メジャー昇格が決まり、

背番号18だと聞いたときの涙。

イチロー選手や、

若い選手にも、

たくさん学ぼうと、

「色々教えてください」

と、質問していたこと。

今年だけでも、

かっこいい姿を

たくさん見せてもらってます。

これからも、

見られたら嬉しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

よろこびのとき。

どんなときに、

いちばん喜びを感じる?

嬉しいと感じる?

と友人に聞かれたので、

考えてみました。

やっぱり私は、

歌っているとき。

食べているとき。

眠るとき。

晴れているとき。

地元に帰省するとき。

仲間と一緒にいるとき。

そして、

信頼されていると感じるとき。

です。

上から三つめまでは、

毎日得られるものだし、

晴れも、

梅雨が過ぎればその確率は高いし、

地元に帰省と、

仲間と一緒は、

なかなか叶わないけど、

喜び倍増だし。

だから、毎日とても幸福なのですが。

最後の“信頼”は、

時間もかかるし、

継続が大事だし、

いちばん難しい“喜び”かもしれません。

でも、だからこそ、

そこがいちばん

築きつづけたいものだし、

どの喜びよりも、

泣きたくなるくらい嬉しいこと

である気がします。

その質問をしてきた友人も、

頼られていると感じるとき、

いちばん嬉しいと、

言っていました。

みんな一人ひとり、

地に足つけて立ちつつ、

自分のことを一生懸命やりつつ、

育って、

それが、誰か身近な仲間の、

もしくは、まったく知らない誰かの、

力になれたりしたら、

とーってもいいのにね。

まずはしっかり、

自分のこと、

がんばろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

恩師の教え。

地元の恩師から、

電話をいただきました。

高校時代に少しだけ通った、

英会話教室の先生で、

その英会話スクールを経営されている方です。

ずっと、

私のことを気にかけてくださっていて、

上京するときもお世話になったし、

その後も、

何ヶ月かに一度、

元気か?どうしてる?

と、

ぽっと電話をくれます。

とっても忙しい方なのに、

そういう風に

人と向き合う方だから、

交友もとても広くて、

先生の紹介で出会えた方もたくさんいます。

すごいなぁ。といつも思います。

特に口には出さないけれど、

人との出会い・つながりを大切にするんだよ。

ってことを、

行動の中で、

教わっている気がします。

そして今日も、

電話でいつものように

激励された後、

メールが届きました。

“元気そうで、何より。

 あきらめるなよ。”

と、書いてありました。

なんだか、

メールの画面に向かって

お辞儀したくなるような一言でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

音読さん。

本を読むとき、

声に出して読むのが好きです。

中学のときの国語の小林先生は、

声に出して読むと、

耳からもその情報が入ってくるから、

より情景を浮かべやすくなるし、

だから、

記憶にも残りやすいのだ。と、

教えてくれたけれど、

きっとそうですよね。

私は、姉がよく絵本を読み聞かせてくれていた

その感じがいまだに心地よく残っていて、

たまに自分でも気づかずに、

声に出して本を読んでいるのだと思います。

そして、

声に出して読んで、

心地よいと感じる本が好きなのだな。

ということにも、

気づきました。

特に感情を込めて読むわけでもなく、

声を張るわけでもなく、

淡々と読むのですが、

それは、唄のようでもあって、

そのリズムが心地よいものが、

好きなのです。

“どっどどどどうど どどうど どどう”

宮沢賢治作品は、

やっぱり、とっても素敵です。

今日、

ベンチで音読していたら、

ちいさな子どもが

ジッと見つめていました。

確かに、

ちょっと不審です。

外ではできるだけ、

黙読を心がけます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

夏の終わりの“Harmony”。

中目黒・楽屋でのライブの興奮も

冷めないまま、

次の北海道札幌ライブが近づいてきました!

Harmony vol.4!

詳細を伝えさせていただきます。

流AcousticLive2007“Harmony”vol.4

   日時:2007年8月31日(金)

       open 20:15 / start 20:20

   場所:music shop 音楽処 (札幌 狸小路2丁目)

       http://www.ondoko.jp

   料金:¥1500 (1drink付、前売・当日共)

   チケット販売:music shop 音楽処 tel.011-221-0106

       チケット予約&問:流ライブ事務局 nagarelive.2007@hotmail.co.jp

今年、2ヶ月に一回行うということで

スタートした“Harmony”も、

折り返しで、

あと3回となりました。 

あっという間に2ヶ月が過ぎ、

そのあっという間を、

3回重ねたら、

もう今年も終わりなんだわ。

と、思うと、

うかうかしていられないです。

やり残したことや、

後悔がないように、

想像し得る、

できる限りのことを、

伝えていくライブにします。

盆踊りも、

夏休みも、

花火大会も終わって、

この頃の北海道は、

すでに秋の風が吹いているんですよね。

今年の夏は、

今年だけ。

短い夏を、満喫していてください。

そして、

夏の終わりに、

音楽処で会いましょうね。

心から、楽しみにしています。

よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年8月 3日 (金)

美しい尻。

きのうのライブで、

岡山の桃をいただきました!

白桃。

丁寧に個装されていた包みを、

あけて、びっくり。

なんてきれいな桃尻なんでしょう。

ものすごい、美しい。

ものすごい、みずみずしい。

そして、

ものすごい、美味しい!

桃尻に、

感動の夏です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

興奮冷めやらず。

東京・中目黒の楽屋でのライブを終えて、

帰ってきました!

来ていただいたみなさん、

本当に、ありがとうございました。

興奮が冷めなくて、

眠れなかったので、

とってもありがたくて嬉しかった気持ちを

熱い気持ちのまま書かせてもらおうと、

ベッドから起き上がりました。

東京でのライブは、

三角堂ライブを2年前に行って以来だったのですが、

楽屋さんが満席になるくらい、

たくさんの方たちに来ていただいて、

本当に嬉しかったです。

今回、一緒にやらせてもらった

ハルナちゃん http://haruna.cc/

のおかげで、

初めて出会えたお客さんもいっぱいいて。

ハルナちゃんと会えて、

こうしてライブをして、

一緒に歌えることだけでも嬉しいのに、

その先にどんどんつながっていくものがあるのだと

感じて、

なんだか本当に、感動的でした。

アンコールもいただいたので、

全部で3曲を

二人で演奏し、歌ったのですが、

一緒にやることで、

また新たな発見もあって、

次回はこうしたいよね。

などと、

もう次の話しを始めています。

できるだけ早く

実現させます。

そのときは、

よろしくお願いします。

ハルナちゃんは、

9月22日に、

吉祥寺でのワンマンライブも予定していますので、

そちらも、

楽しみにしていてくださいね。

詳しくは、

ハルナHP http://haruna.cc/

をご覧ください。

メールで、

お花で、

会場に来られなかった方からも、

力を注いでもらいました。

本当にありがとうございます。

ライブをするたびに、

強く、たくましく、やさしく、

成長していきたいという思いを強くします。

それは、たくさんの方に、

いつでも支えてもらっていることを実感する日だから

でもあるし、

これから出会えるであろう、

たくさんの人たちに、

確かに出会いたいと願うからです。

いつも、

本当にありがとうございます。

ライブの後に眠れないのは、

幸せが押し寄せるからかも。

もうすぐ、

夜が明けます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »