« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

ハッピーハロウィン!

スターバックスに行ったら、

店員さんが、

ハロウィンな格好をしていました。

「本日、“ハッピーハロウィン!”と言っていただければ、

 ホイップクリーム(通常は¥50)を、

 サービスさせていただきます。」

と笑顔で言われ、

「ハッピーハロウィン!」

と、元気に言ってみました。

若干、照れました。

シナモンロールに、

ホイップクリームは、

あまい×あまいでしたが、

おいしかったです。

「ハッピーハロウィン」って、

言ってよかったな。

スターバックスは、

季節ごとに

サンタだったり、

アロハだったり、

着るものも変わるし、

店員さんも照れていられないから、

タイヘンですね。

いつもいる、

わりと無口で、

ムリに笑顔を作らない男の店員さんも、

黒い、長い、

とんがり帽子をかぶって、

レジに立っていて、

心なしか、

うつむきながら、

仕事しているように見えました。

「ぼく、そういうキャラじゃないんですけど」

とか思ってたかしら。

ふふ。

関係ないけれど、

そんなやり取りをしながら、

今日、

思い出したことがあります。

昔、

マクドナルドの500円カードをもらったことがありました。

それは、

鳥羽一郎さんの新曲発売時の

ノベルティーだったらしく、

鳥羽さんの写真がドーンと

載っているカードでした。

マックに行き、

会計時に、

「これでお願いします。」

と言って出したとき、

アルバイトであろう、

高校生くらいの女の子が、

急に無口になりました。

あきらかに、

笑いをこらえています。

気づいて、私も、

「あ。これね。

 もらったんです。

 使えますか。

 鳥羽さん。

 ちょっと笑っちゃいますか。

 すいません。」

と言って、ふたりで笑いました。

照れるけれど、

テレながら、

“鳥羽さんのマックカード”という

一枚で、

店員さんとつながった瞬間でした。

基本的には、

喜んで色んなことに

参加する所存です。

でも。

スタバさん、

あんまり、

照れる企画にしないでくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

その時、いちばん大切な気持ち。

“Harmony”vol.5を終えてきました!

今夜、平日にも関わらず、

駆けつけてくれたみなさん、

本当にありがとうございました。

アンケートを見ると、

“いつもにも増して幸せそうな顔で歌ってましたよ”

という言葉が多かったのですが、

その通り、

今夜も、

とっても幸せに歌わせてもらいました。

そして、

それが伝わってよかったです。

緊張や、

気持ちの揺れはあるけれど、

ライブ前の楽屋で、

いつも、

今日、

どんな気持ちでステージに立つのか。

ということを、

もう一度、

心に刻んでから、

ステージに向かいます。

でないと、

たいせつな気持ちが

奥に追いやられてしまうときがあるから。

緊張も、怖さも、不安も、

時には抱えるけれど、

そんなことより、

会えたことを喜びたい。

来てくれて、ありがとうと言いたい。

あきらめないで、

“伝えたい”と強く願い、歌い届けたい。

と、いつでも思っています。

いろんな気持ちの中から、

いちばんたいせつ気持ちを

引き出せる術を、

身につけていきたいです。

今夜は、本当にありがとうございました!

そして、

すぐに、

すでに、

気持ちは時計台ホールに向かっています。

先日、

発表しましたが、

ステージを共にできるメンバーが

今回は一緒です。

とても嬉しいことです。

たくさんの、

はじめましての方にも

会えることを楽しみに、

毎日を送ります。

あぁ、

また心が、

ぎゅーっとしてきました。

流AcousticLive2007 “Harmony×harmony”

         日時:2007年11月22日(木)

                open 18:30   /  start 19:00

        場所:札幌市時計台ホール

        (札幌市中央区北1条西2丁目)

    メンバー:

    流(Vo.&Gt.)/染谷俊(Pf.)/里村美和(Per.)

        料金:前売 ¥2800 ペアチケット¥5000

            当日 ¥3000 ペアチケット¥5800

チケット販売:music shop音楽処 

        (中央区南3条西2丁目 狸小路2丁目)

        tel.011-221-0106 http://www.ondoko.jp

☆チケットの予約は、音楽処ミュージックショップでも受付ています。

 お名前・お電話番号・券種・枚数をお伝えください。

チケット予約&問:流ライブ事務局 

            nagarelive.2007@hotmail.co.jp

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

ひとり言キング。

普段から、よく、

鼻歌…というよりは、

本気歌を口ずさんで

生活しているのですが、

ライブが近づくと、

それにプラスして、

ひとり言が多くなります。

“あれは、こうで、

 これは、あぁで。

 ううむ。

 そうだ!いいこと思いついた!

 あ、これ、すごいイイかも!”

とか、言いながら

にやけたりもして。

あやしい感じで、

でも楽しく、

ライブの日を想いながら

毎日を送っています。

寒くなってきましたが、

お元気ですか。

札幌のライブシリーズ“Harmony”vol.5、

もうすぐです!

流AcousticLive2007 “Harmony”vol.5

     日時:2007年10月25日(木)

        open 20:15  /  start 20:20

     場所:music shop 音楽処 (札幌 狸小路2丁目)

        http://www.ondoko.jp

     料金:¥1500(前売・当日共 1drink付)

チケット販売:音楽処 tel.011-221-0106

  予約&問:流ライブ事務局 

        nagarelive.2007@hotmail.co.jp

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

ちゃんと怒る。ちゃんと泣く。ちゃんと笑う。

友人と会った瞬間に、

なんだか様子が変で、

「何かあったの」

と聞いてみたら、

「え?」

と自覚していなかったように、

返事をしたあと、

考えて、

「ちょっと落ち込んでるかも。」

とこたえました。

何でも、

仕事場に上司あての電話があり、

直属なので、

かわりに出たところ、

電話の相手は、

見下したような、

とても感じの悪い話し方で話し、

最後には舌打ちをして、

ガチャリと電話を切ってしまったそうです。

あれれ。

そういうことって、

たまにありますよね。

今、何が起こったの?と、

きょとんとしてしまうくらい、

いわれの無い暴力を受けているくらい、

訳のわからない、

理不尽なことが起こるとき。

そういうときって、

落ち込むのも悔しいけれど、

やっぱり傷つくし、

何か失礼をしたかしら。と

考えて、

すこし沈みます。

でも、

どう考えても、

その相手の気分で

そういう態度だったのだとしたら、

この落ち込みを、

どうしてくれよう!

と、思います。

きっと、

そんなせつない、

どうしようもない、

やりきれない想いをしている人は

五万といて、

そんな目にあっている身近な人を

見たことがある人も、

五万といるから、

気持ちはわかるはず。

その人も、

理不尽な態度をとられたから、

気分が悪いから、

誰かにあたるのかしら。

友人の、

楽しくいたいのに、

どうにもそれがひっかかって

チクチクしてやりきれない感じを見て、

こういうことを、

ちゃんと憶えておこうと思いました。

色んなことを

ためずに、

ちゃんと怒り、

ちゃんと悔しがり、

ちゃんと泣いて、

ちゃんと笑えるようにしよう。

処理しきれないような出来事が起こっても、

こんな想いを、

まわりの人たちにさせてたまるものか!

という想いで、

どんなときも、

強くある努力をしたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

名前記憶術。

歴史などの勉強の暗記は、

不得意でしたが、

名前を憶えるのは得意な方です。

仕事がら、

人に会うことも、

出会いも多い方なので、

とてもラッキーですが、

最近その憶え方のクセが判明しました。

自分でも意識していませんでしたが、

その方に初めて会い、

名前を聞いた瞬間に、

もしくは、

名刺をいただいたときに、

その名前の漢字の形や、

名前のイメージを画にして、

映像的に、

とか、

漢字のシルエットで、

とか、

関連する何かと結びつけて、

憶えるようです。

米澤さん

という方に出会い、

瞬間的に、

“牛(ぎゅう)”だ。

とイメージしてインプットしていた人の名を、

次に会ったときに、

「えーと、松坂さん?」

と、記憶から引き出されたことで判明しました。

名前の憶え方、

もう一度、検討しよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

人生の節目。

デビュー前から、

とてもお世話になっている方の

還暦のお祝いに同席させていただきました。

集まったのは、

主役の方を含め、

まだ、人前で歌うことなく、

曲作りだけをしている段階から、

私を見守って、

励ましてきてくれて、

今も、東京でのライブがあれば

かけつけてくださる方たちですが、

ごくごく少ない人数での席なのに、

わざわざ声をかけていただいて、

すごく嬉しかったです。

昔は同じ職場で働いていたみなさんですが、

今はもう、

住んでいる町も、

仕事も違うのに、

今日の主役に、

祝福と感謝の気持ちを伝えたいと

遠方は秋田から、

集まったのでした。

そういうのって、

とてもあったかいですよね。

その方の人望あってのことだし、

祝いの席を設けようと、

考えてくれた方の想いあってのことですし。

父と母のときは、

それほど感じた記憶がないけれど、

今日のちょうど60年前に産声をあげたその方が、

60年という年月を、

生きてきて、

そのたいせつな日を、

一緒に過ごしているんだ。と思うと、

すっごく感動しました。

それに、60年って。

まず、生きてきたことがすごいです。

60のカタチのろうそくの火を

吹き消しながら、

目をキラキラさせて、

ありがとうと、何度も言っているその方は、

本当に嬉しそうでした。

よかった。

そして、

おめでとうございます。

私はどんな風に迎えるんだろう。

「赤いちゃんちゃんこは着ないわよ」と、

頑固さ健在でいるでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

時計台ホールライブ!

11月に行うことを発表しました、

札幌市時計台ホールでの

ワンマンライブで、

参加してもらうミュージシャンが

決まりましたので、

改めてお伝えします。

  流AcousticLive2007 “Harmony×harmony”

         日時:2007年11月22日(木)

                open 18:30   /  start 19:00

        場所:札幌市時計台ホール

        (札幌市中央区北1条西2丁目)

    メンバー:

    流(Vo.&Gt.)/染谷俊(Pf.)/里村美和(Per.)

        料金:前売 ¥2800 ペアチケット¥5000

            当日 ¥3000 ペアチケット¥5800

チケット販売:music shop音楽処 

        (中央区南3条西2丁目 狸小路2丁目)

        tel.011-221-0106 http://www.ondoko.jp

☆チケットの予約は、音楽処ミュージックショップでも受付ています。

 お名前・お電話番号・券種・枚数をお伝えください。

チケット予約&問:流ライブ事務局 

            nagarelive.2007@hotmail.co.jp

ピアノの染谷俊さん、http://www.someyasyun.net

パーカッションの里村美和さん。

ふたりとも、

心から尊敬するアーティストであり、

ミュージシャンです。

共に奏でられることに感謝しながら、

あたたかい音で、

時計台ホールを、

包みたいと思います。

“いい夫婦の日”にちなんで用意しました、

ペアチケットもありますので、

夫婦はもちろん、

兄弟、

親子、

恋人同士、

友だち同士、

いろんなスタイルのカップルで、

いらしてくださいね。

今夜のニュースでは、

明日、札幌に初雪が降ると、

伝えています。

嬉しい。

地元の友だちは、

これから冬になり、

雪が降ると思うと、気が重い、

と言いますが、

私は昔から、

とっても

わくわくして初雪を待っていました。

一面が、

降りたての白い雪でおおわれる景色は、

何度見ても、

美しいです。

11月の札幌に雪が積もっている確率は

かなり低いですが、

時計台ホールもまた、

歴史と趣きのある、

とても素敵な空間です。

会えることを楽しみに、

お待ちしています!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

愛しい日々。

今月、

北海道へ行ける日が、

近づいてきました!

まずは、

“Harmony”vol.5 のお知らせを

させていただきます。

流AcousticLive2007 “Harmony”vol.5

     日時:2007年10月25日(木)

        open 20:15  /  start 20:20

     場所:music shop 音楽処 (札幌 狸小路2丁目)

        http://www.ondoko.jp

     料金:¥1500(前売・当日共 1drink付)

チケット販売:音楽処 tel.011-221-0106

  予約&問:流ライブ事務局 

        nagarelive.2007@hotmail.co.jp

文房具やさんでは、

もう来年のスケジュール帳や、

カレンダーが並んでいますね。

“おせち料理の予約承ります”

の文字も見ました。

早いですよね。

本当に、あっという間に

その日がやってきて、

11月の時計台ホールライブもやってきて、

2008年がやってきます。

あせるなぁ。

でも、

ただあせって何もできないままいるのではなく、

一日、いちにちを、

その日に向かって、

丁寧に進みます。

ひとつ、ひとつ、

一回一回。

“一期一会”って、

一生に一度の出会いだから、

大切にする。という意味というよりは、

いつも会っている人であっても、

その日、その時の、その人と

会うのは、

その瞬間だけだから、

その時間はとても貴重だと知り、

大切にしたいですよね。

という意味だと、

何かの本で読みました。

10月25日という一日を

共にできるあなたと、

いい時間を共有したいと、

心から思うから、

今日、

何ができるか、

考えること。

実行すること。

それを、楽しむこと。

おかげさまで、

愛しい日々を、

送っています。

ライブ、

ぜひいらしてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

君の名は。

先日の誕生日に、

プレゼントが届きました。

Amazon購入のギフトで、

中身は、

童謡が、

たくさん物語の中に盛り込まれた

かわいらしい絵本でした。

ちょっと見ただけで、

とっても好きな感じで、

嬉しかったのですが、

贈り主の名が、

私の名前になっていて、

お届け先も、

私の名になっています。

誰からの贈り物なのかが

わからなくて、

あれ?

と思いました。

箱や、

入っていた紙を、

くまなく見てみたのですが、

メッセージ欄に、

“HAPPY BIRTHDAY!!!”

とだけあって、

他に誰からの贈り物かを知る

手がかりはなく、

誰、、、です、か?

と、ちょっと戸惑いました。

でもきっと、

サプライズで送ってくれて、

その夜にでも、

連絡をくれて、

「届いたー?!」

と友だちが聞いてくれるのだろうと、

ちょっと待ってみたのですが、

一向に連絡がなく、

色々想像をめぐらせていました。

サプライズ的に贈ってくれそうな人…?

でも、

その人は、

私の誕生日すら知らないだろうし。

こんなに、

私が好きそうな絵本を選んでくれるのは、

私の好きなものをよく知っている人。

でも、

その人ならば、

名乗らない理由はないだろうし。

足長おじさん、現る??

と、思いながら楽しんでみたけれど、

日が経つにつれて、

うーむ。。。

早く、

ちゃんとお礼を言いたい。

でないと、

ちゃんと受け取れなーい!

と、困惑していました。

そうしたら、今朝、

「Amazonから送ったの、とどいたかなぁ」

と、

妹からメールがありました。

はぁ。。

あなただったのね。

聞けば、

Amazonでギフトを贈るのは初めてで、

“贈り主”の欄に、

自分の名でなく、

私の名を入れてしまったみたいです。

セレクトとしては、

妹っぽいと感じていたのだけれど、

その日に送ってくれたおめでとうメールにも、

何にも触れていなかったし、

妹としても、

私が受け取って、

喜んで電話をかけてくるだろうことを予想して、

ほくほくしながら待っていたのに、

何にも反応がなくて、

あれ~?

と思っていたのでしょうね。あはは。

でもでも、

本当によかった。

嬉しいことを、

嬉しいです!

ありがとう!と、

ちゃんと伝えられて。

そう思うと、

よい行いをしたとき、

「お名前だけでも…」

と聞かれ、

「名乗るほどの者ではありません」

と答えるアレ、

きっと、

よくないです。

名乗った方が相手は安心すると思う。

その後、

改めてお礼をするとか、

そういうことにはならなかったとしても、

○○さんって言う人に、

助けてもらったんだ。

と、心に刻んだり、

○○さん、ありがとう。

って心で想ったりするだけで、

しっかりその想いが

その人に向かって飛んでいく気がするから。

どうか、どうか、

そんなときは、

ぜひ名乗ってください。

お願いします。

ともあれ、

妹よ、

姪とおそろいの、

素敵な絵本、

とっても嬉しかったです。

どうもありがとう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

お。

10月1日といえば、

夏服から冬服に変わる日ですね。

高校は、私服だったし、

中学のときも、

ほぼジャージで登校していたから、

あまり思い出はないけれどー。

それでも、

半袖が長袖になるってだけで、

新鮮な気分だし、

ダークな色使いになっていく感じが、

少し大人っぽく見えていいですよね。冬服って。

急にめがねをコンタクトにしてきた人とか、

急に髪を切ってきた人とか、

急に変形制服を着だした人とか、

あの、“自分スタイル”に色気が

出てくる感じが気になるのと同じような感覚で、

お。

って思う日。

今日、誰かに、

お。

って思いましたか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »